アフターマーケット
◆形 態;B5判 90〜160頁
◆発行日;毎月1日
定価571円+税(送料実費)
年間購読6,857円+税(送料無料)
※年間購読料は途中解約されても返金はできませんので予めご了承ください
1月号
バックナンバー検索
 

1月1日発行

《好評連載》
21世紀の自動車整備業
整備士の減少や引き抜きがある時代とどう向き合うべきか

《好評連載》
すぐできるインターネット活用術
「SNS」について整備工場が知っておくべきこと

《商工組合の新たな挑戦》
広島県自動車整備商工組合
250店を擁する広島県最大の整備工場サイトを展開

ネット通販に破壊される補修部品業界の秩序
モノタロウやアマゾンの攻勢に揺れ動く部品商!

《乗用車メーカー部長インタビュー》
トヨタ自動車
日産自動車
本田技研工業
マツダ
富士重工業
三菱自動車工業
ダイハツ工業
スズキ

大型車メーカー部長インタビュー
大型車メーカー補修部品販売は全体的に伸長が続く

《大型車メーカー部長インタビュー》
日野自動車
いすゞ自動車販売
三菱ふそうトラック・バス
UDトラックス

《好評連載》
「最強チャネルディーラー」の設計図
もはや「リコールのない世界」は考えられません


エアコンフィルター特集
お客様は高性能なエアコンフィルターを求めている
だからこそ「高性能ゆえの落とし穴」に気をつけろ

エアコンフィルターは本来、チリやホコリ、花粉などを除去し、車内にきれいな空気を供給するための部品であるが、近年「高性能化」「多機能化」が進んでいる。これは「空気質への関心の高まり」を受けたもので、今ではPM2.5対応や脱臭機能は当たり前。スギ花粉やダニなどのアレル物質の活動を抑制したり、ビタミンCを放出する機能を備えた製品も発売されている。そして、整備工場の間でも、これらの高性能エアコンフィルターは単価アップの観点から注目が高まっており、導入する事業者が増えている。
しかし、高性能エアコンフィルターには、実は「高性能・多機能ゆえの落とし穴」がある。そのため、高性能エアコンフィルターの取り扱いに当たっては、「信頼できる商品」選びが何よりも重要となる。高性能エアコンフィルター選びのポイントを紹介する。

《エアコンフィルター特集》
小野自動車工場
車検単価改善へエアコンフィルターを交換促進


《車内の空気質改善を図れ!!》
ネッツトヨタ埼玉
「抗菌Agチタンコート」で快適なカーライフをサポート!


自動車保有台数の動向
保有台数は5年連続で過去最高を更新!
車の高齢化と使用年数の長期化がさらに進む

自動車検査登録情報協会がまとめた「わが国の自動車保有動向」によると、2016年3月末における国内の保有台数は前年度比0.3%増の8090万730台となり、5年連続で増加するとともに、4年連続で過去最高を更新した。
また、登録自動車(軽自動車を除く)の「平均車齢」は、乗用車が8.44年、貨物車が11.23年となり、いずれも24年連続で過去最高を更新した。「平均使用年数」は、乗用車が12.76年で2年ぶりに長期化し、貨物車は13.89年で4年連続の長期化となった。最新の保有台数の動向を分析する。


自動車ディーラービジョン(2016年版・乗用車店編)
地域市場の変化に対応した次世代型ディーラー経営に向けて2


ディーラー経営の実態
「メンテナンスパック」効果で点検入庫は堅調に推移
懸案の「板金塗装」の入庫減が依然として続く

2015年度の国内新車販売台数は前年度比6.8%減の493万7334台となり、2年連続で下回った。前年4月に実施された消費増税前の駆け込み需要の反動減が長引いたことが主因だ。
こうした中、日本自動車販売協会連合会が実施した「自販連会員総合調査」の結果によると、総販売台数の減少により、ディーラーにおける直販台数、新規顧客比率、新車粗利率とも低下する厳しい結果となった。サービスについては、車検、点検、一般整備は入庫台数が増加したが、板金塗装は前年に続いて入庫台数が減少しており、先行きが厳しくなっている。資料からディーラー経営の実態を読み解いた。


《自整業の新たな挑戦》
全国総合福祉車両協議会
東北に「福祉車両」の整備事業者ネットワークを構築へ

「事故減少時代」の保険会社の新たな価値
「つながる」安全運転支援サービスを続々開発!


トヨタ・コネクティッド戦略の全貌
プラットフォームのビッグデータを活用して
他社と連携しながら新たな価値とビジネス創造へ

IoT時代の到来で自動車は変革の波にさらされており、自動車メーカー各社はコネクティッドカーの開発に社運をかけて取り組んでいる。
こうした中、トヨタ自動車は16年4月に「コネクティッドカンパニー」を設立した。友山茂樹プレジデントは「クルマから収集されるビッグデータは新たなサービスやビジネスを創出する可能性があるだけでなく、その情報インフラを含む『つながるプラットフォーム』は、自動車メーカーにとって重要なビジネス基盤となりつつある」と語る。トヨタが考えるコネクティッド戦略の全容を紹介する。


《第2回神奈川EXPO開催!》
異業種との交流を通じて自動車業界の活性化を図る!

ETC2.0助成事業終了まであと少し!
対象から漏れないように急いで売り切ろう!

自動車メーカー各社が整備技能コンクールを開催!!

《発煙筒特集》
ドライバーの安全意識向上には「草の根活動」が不可欠!

ディクセル「東京オートサロン2017」に出展

ACデルコがEN規格バッテリーを発売!