アフターマーケット
◆形 態;B5判 90〜160頁
◆発行日;毎月1日
定価571円+税(送料実費)
年間購読6,857円+税(送料無料)
※年間購読料は途中解約されても返金はできませんので予めご了承ください
10月号
バックナンバー検索
 

10月1日発行

Honda新型フリードシリーズアクセサリー特集
毎日がもっと楽しくなる純正アクセサリーで
「ダントツちょうどいい」自分だけの1台を作ろう!

ホンダは「ちょうどいい」ミニバンとして好評のフリードシリーズをフルモデルチェンジして発売した。
フルモデルチェンジのコンセプトは「7days Wonderful Mobility」。これには、日本で生活するユーザーの誰もが、ウイークデーから休日まで使いやすく、満足できるクルマを作りたいという思いが込められている。
これに合わせ、ホンダアクセスでは日常から休日のお出かけまで、お客様がクルマと一緒に出かける楽しさを、さらに実感していただけるような純正アクセサリーを用意した。商品の注目ポイントについて、商品企画担当の杉野孝太さんと、開発責任者の小早川城治さんのお話を交えながら紹介する。
ホンダ純正ナビ「ギャザズ」がモデルチェンジ
販社スタッフにうれしい新機能を追加!!

21世紀の自動車整備業
ベテランの「技術」を若手にどう伝承するか!?

すぐできるインターネット活用術
整備・板金塗装工場もネット集客をしなきゃ損!

《自整業の新たな挑戦》
ヤマウチ「ラチェットモンキー」
独自のネット予約システムで車検予約が増加


トラックメンテナンスリース特集
「メンテナンスリース」で車両の稼働を守る!
トラック市場でメンテナンスリースが盛り上がってきた

トラックの「メンテナンスリース」が増加してきた。
トラックメーカー各社はグループの販売金融会社と協業し、系列販売店を通じてユーザーに「ファイナンスリース」「メンテナンスリース」「メンテナンス受託(委託)」を提供している。このうち、「メンテナンスリース」と「メンテナンス受託(委託)」の比率が年々増加しているのだ。その理由をメーカー各社に取材すると、「お客様の車両に対するマインドが変わってきている」と、消費者の意識が変化していることがわかってきた。メンテナンスリース増加の背景と現状に迫る。

《トラックメンテナンスリース特集1》
日野自動車
デュトロのメンテナンスリース拡大に注力

《トラックメンテナンスリース特集2》
いすゞ自動車
リース専用オリジナル保険が保険販売に貢献

《トラックメンテナンスリース特集》
三菱ふそうトラック・バス
ふそうファイナンシャルと連携して「FUSO VALUE」を推進

《トラックメンテナンスリース特集》
UDトラックス
営業・アフター・金融の三位一体での活動がカギ


「最強チャネルディーラー」の設計図
愛車無料点検は「とってもおいしい仕事です」

拡大し続けるカーシェアリング市場の動向を探る
カーシェアリングが「若者のクルマ離れ」を食い止める!?

「マイスターズ」がDeNAと提携!
Anyca公認修理ブランドが発足


冬物用品特集
昨冬にも販売を伸ばした
この冬イチオシの商品群をピックアップ!

「冬物商品」といえば、十把一絡げに「降雪量に影響されるが底堅い市場」だと言われる。だが、その市場を見ていくと、「新しいユーザートレンド」や「保有環境の変化」、「新素材の普及」などにより、底堅い市場の中にも販売比率を伸ばしている商品がある。
昨冬は「エルニーニョ」の影響で降雪が少なく、冬物用品の販売が減少した。その中でも、販売比率を増やした商品があった「雪用ワイパー」「チェーン」「キャリア」の市場をみつめた。


商用車のドラレコは「多カメラ時代」に
交通事故ゼロ社会に向けて需要が拡大する!

《自動車整備技術の高度化検討会・中間報告》
「汎用スキャンツール」の新たな標準仕様が固まる
整備事業者の要望も踏まえ2017年度から開発を開始

《整備工場数の最新動向》
【統計市場初】整備工場数がついに減少!
「後継者難」「工員不足」倒産がいよいよ深刻に


課題山積どうなる車体整備業
自動車新技術への対応は焦眉の急!
「安全で安心な車体整備」を確保する枠組みが必要

近年、「事故を起こさない車」の開発が急ピッチで進んでいる。交通事故の削減は社会的な要請ではあるが、事故車修理を主業とする車体整備業界にとっては、アゲンストの風になる。また、事故を防ぐためのシステムは電子的に制御されているため、車体修理にも電子化対応が求められるのは言うまでもない。
その上、自動車メーカーは衝突安全性能を確保しつつ、軽量化による燃費向上を実現すべく、ボディの素材開発に注力しており、「超高張力鋼板」「アルミ合金」などを使った自動車を開発し市場へ投入している。これらへの対応を図りつつ車体整備品質を保持するには、設備の導入とともに、それを適切に使用できる技能を持つ人材を育成することが必要だ。JARWA、TRJ、BSサミットへの取材を通じて、環境の変化が著しい車体整備業の現状と課題を特集する。

《課題山積どうなる車体整備業1》
日本自動車補修溶接協会
超高張力鋼板の適切な溶接作業の普及を促進!

《課題山積どうなる車体整備業2》
ドイツ市場の近況から日本市場の未来を占う
自動車技術の高度化により車体整備工場が激減

《課題山積どうなる車体整備業3》
BSサミット事業協同組合 磯部君男理事長
現状のままだと車体整備業界は「崩壊」する

《課題山積どうなる車体整備業4》
テュフ認証制度がもたらす市場へのインパクト
車体整備工場を「第三者の目」で公正に監査


カーベルが創業10周年記念全国大会を開催
新たな販促メニューと新ブランドの立ち上げを発表!

月額乗り放題サービス「NOREL」がスタート!
レンタカーでもカーシェアでもない新サービス

《話題の新商品!!》
日本ライティングがLEDバルブキットの品揃えを強化
「ZRAY」ブランドで潜在需要を開拓する!

《良いもの発見!!》
小林総研が「非常信号灯」を改良
さらなる普及促進へ懐中電灯機能搭載タイプを追加

HKSの「HIPERMAX G」にトヨタ販売店も熱視線!!
大人のユーザーを深く満足させる上質な乗り味

《イベントルポ》
第8回カトーサンクスフェア2016開催