アフターマーケット
◆形 態;B5判 90〜160頁
◆発行日;毎月1日
定価770円(税込)送料実費
年間購読9,240円(税込)送料無料
※年間購読料は途中解約されても返金はできませんので予めご了承ください
8月号
バックナンバー検索
 

8月1日発行

《好評連載》
21世紀の自動車整備業
自動車整備業界にも「値上げの波」が襲ってくる

《今こそBCPに取り組もう!》
黒田モーター商会
防災対策を徹底し災害時こそお客様を守る

Replus
「足軽」で整備工場の新規集客をサポート

《好評連載》
自動車業のDX
ウチダオート

《好評連載》
板金塗装業界には「改革」が必要!
ニューノーマルの時代のソーシャルリテラシーの高め方

《好評連載》
どうなる自動車整備業の近未来?
勝ち組工場になるための処方箋

《好評連載》
整備工場のDX
現役女性マネージャーが教える成功のヒ・ケ・ツ

《好評連載》
『最強チャネルディーラー』の設計図
整備事業者が最も重視しているのは「供給性」です

Webでの車の購入に関する意識調査

車売却ユーザー調査
車の売却は「下取り」が49%、「買取」が26%


中古車買取市場の現状
査定申込件数が2年連続で過去最高を更新
大手買取事業者の寡占化で市場競争が激化

中古車買取市場の拡大が続いている。日本自動車購入協会(JPUC=ジェイパック)によると、2021年のJPUC会員へのWebサイト査定申込件数は前年比0.5%(1万1811件)増の217万3776件となり、2年連続で過去最高を更新した。その原動力となっているのは、大手買取事業者への査定申込件数の増加である。


カーユーザーレポート2022
中古車市場は低価格車と高価格車に二極化

トラック新時代の活路
押し寄せるカーボンニュートラルの潮流

自動車整備白書を読む.5「当面の見通し」
中長期的に保有台数減少により車検台数も減少へ

ファインピース
欧州で進む水性塗料化とADAS整備


チャイルドシート特集
官民による「チャイルドシート」の普及促進と
誤使用防止及び適切な製品使用への取り組みが進む

「チャイルドシート」の普及促進に向け、官民を挙げた取り組みに熱が入っている。国土交通省は2021年6月にとりまとめた「交通事故のない社会を目指した今後の車両の安全対策のあり方」において「自動車乗員の安全確保(子供の安全確保)」として、「チャイルドシート・ジュニアシート」の普及促進と誤使用防止及び適切な製品使用に注力する方針を明らかにした。


《板金塗装業をつぎのステージへ》
マイスターズ
SDGsへの取り組みを加速し社会課題解決へ貢献

自動車リサイクル部品業者の経営状況
21年度上期の売上高は回復するも下期は下降線

進化を続ける「テレマティクス」
トラック運送業界での導入が活発化!

見積りプラットフォーム「ミツモア」

一部のETC車載器の使用不可が延期に

「自動車サプライチェーンの強靭化に向けた取組」公表

《イヤサカWeb展示会》
自動運転車の進化と整備への影響
現場効率化【上級編】現場の究極の効率化とは?
OBD車検の概要と導入に向けた基礎知識
整備事業におけるSDGsについて

日本自動車ガラス販売施工事業協同組合が総会開催

バンザイ 96期の業績と97期の方針

バンザイ 新製品を発売


カー用品店のオイル販売が変わってきた!
「集客」と「付加価値品拡販」の二面作戦で
メンテナンス需要の獲得と収益向上を図る

カー用品店では収益向上を図るべく、以前にも増してピットサービスに注力しており、消耗品の販売にも重点的に取り組んでいる。「エンジンオイル」はその重要な商材の1つだが、昨今のユーザーニーズの変化や国際情勢の不安定化によるコスト増などにより、従来の販売方法で収益を高めることが困難になってきた。そこで「集客ツール」としての活用と「付加価値オイルの拡販」という二面作戦を展開している。


日本フィルターエレメント工業会
オイルとフィルターは「毎回同時交換」が新常識
第3弾目となる「同時交換推奨ポスター」が完成

日本フィルターエレメント工業会(略称:JFA)はこのたび、オイルとオイルフィルターの同時交換を推奨するポスターを作成し、会員企業を通じて整備工場やガソリンスタンドなどに配布した。
JFAは、かねてオイルとオイルフィルターの同時交換を推奨しており、その啓発活動の一環として2000年度より毎年「同時交換推奨ポスター」を作成している。このたび整備工場などに配布したのは第3弾である。


福岡トヨペット
踏み間違い加速抑制システム?付き特選中古車を販売

ホンダアクセス カスタマイズに関する調査
カスタマイズはカーライフをより豊かにする

曙ブレーキが新構造ブレーキキャリパーを市販化