アフターマーケット
◆形 態;B5判 90〜160頁
◆発行日;毎月1日
定価571円+税(送料実費)
年間購読6,857円+税(送料無料)
※年間購読料は途中解約されても返金はできませんので予めご了承ください
7月号
バックナンバー検索
 

7月1日発行

ダイハツが『スマイルセレクション』を全国展開!!
業販店とのつながりを強化し純正部品の普及促進へ

MBJが「テックマスターズ ジャパン2018」を開催

イチネンケミカルズ、ハネウェル
共同で次世代カーエアコン用冷媒サービス缶の販売開始

《好評連載》
21世紀の自動車整備業
業界全体で半数の工場が「整備士の不足状態」

《好評連載》
すぐできるインターネット活用術
整備工場のホームページで重要な数値と指標


特集「外国人技能実習制度」
整備業界で外国人技能実習生の受け入れ機運が高まる
「言葉の壁」はあるものの概ね技能実習は問題なく進む

自動車整備業界で「外国人技能実習制度」を活用する機運が高まっている。
外国人技能実習制度は、外国人技能実習生が日本の産業における技能や知識を習得・習熟し、開発途上国等へ移転することを目的に1993年に創設された。同制度に2016年4月1日、「自動車整備」が3年間の実習を可能とする職種として追加された。これに伴い、外国人技能実習生の受け入れが急速に進み始めている。

《特集「外国人技能実習制度」》
損害保険ジャパン日本興亜
東京海上日動火災保険


乗用車メーカー部長インタビュー
既販車や中古車向けの需要創造気運が胎動
かねて新たな活路として注目されているのが「既販車」と「中古車」である。
今回のインタビューでは、既販車や中古車向けの用品に関して、各社から「真剣に開発や販売に取り組む」「事業化に向けて検討する」といった声が聞かれた。
壁は高いが、新たな需要創造に向けた「本気の取り組み」が期待される。

《乗用車メーカー部長インタビュー》
トヨタ自動車
日産自動車
ホンダアクセス
マツダ
三菱自動車工業
SUBARU
ダイハツ工業
スズキ

大型車メーカー部長インタビュー
17年度も部品内販は堅調、外販も高位安定
大型車メーカーにおける補修部品販売は依然高水準で推移しているが、その動向には一服感が見えてきた。本誌が独自に調査している自動車メーカー補修需要動向調査の結果、大型車メーカーの総売上高は過去8年間に渡って前年実績を上回ってきたが、2017年度は一部のメーカーが前年割れとなった。好調に推移してきた補修需要は踊り場を迎えたのか…。
《大型車メーカー部長インタビュー》
日野自動車
いすゞ自動車販売
三菱ふそうトラック・バス
UDトラックス


ジャパントラックショー2018

バンザイ・セミナー「アライメント整備の重要性」

《新時代の大型車技術》
日野自動車 自動運転に向けてロードマップ策定

運輸・交通システムEXPO2018

《自整業の新たな挑戦》
山田自動車
「加害者」「被害者」をゼロに、安全な交通社会を目指す

《好評連載》
どうなる 自動車整備業の近未来?
勝ち組工場になるための処方箋

《好評連載》
車体整備を取り巻く環境2018
最新車両の事故修理品質と修理方法の選択

《好評連載》
板金塗装業界には「改革」が必要!
企業(及び経営者)の社会との関わり方と社会的責任の重要性

《次世代自動車整備に求められる技術力》
今ある新技術は「今」修得する!
電子制御系整備力/電動パワートレーン整備力/自動車基本機能整備力

《自動車整備白書を読む》
業態別・車検台数
車検整備単価


「中古カー用品」の展望
市場規模は想定以上に大きく「成長の余地」は十分
リピーターの獲得とユーザー層の拡大が成長のカギ

アップガレージの業績が好調だ。2017年度売上高は小売りベースで前年比104%の168億円となり、右肩上がりの成長が続いている。
同社は中古カー用品のパイオニアとして知られるが、取り巻く環境を見ると、新車販売の停滞、若者の車離れ、カスタマイズ及びチューニング需要の縮小、そしてインターネット売買の普及により事業環境は厳しさを増している。
しかし、中古カー用品市場にはまだ成長の余地があり、アップガレージという実店舗だからこそ可能なサービスを提供することで、「直営店の店舗売上高は現在の1.5倍のポテンシャルがある」と河野社長は自信を見せる。
同社の事業戦略を通じて、中古カー用品市場の今後を占う。


オートアライアンスに山縣部品が参加

第十興産 来店型車販店をオープン

トヨタが全車コネクティッド化に向け発進

2018年度 総会情報

防災意識の向上で需要が高まる「車載防災用品」&「緊急用品」

デンソー
後付け可能な「ドライバーステータスモニター」を販売


ブレーキパーツメーカーの新戦略
ディクセル
スポーツパッドの新たな活路を開拓
DIXCELブランドで、ブレーキパッドやブレーキローターをはじめとするブレーキパーツを企画・開発・販売するディクセルは、近年は主に車検時に発生する補修需要の獲得に注力し、売上を伸ばしている。

エムケーカシヤマ
シム付きブレーキパッドを発売
ブレーキパッドやブレーキシュー、ディスクローターなどを製造・販売するエムケーカシヤマは、『シム付きブレーキパッド』の品揃え拡大を推進している。


人とくるまのテクノロジー展2018